working-title.jpg
e

working-title2.jpg

 

申請書の書き方のアドバイス、出発前の準備、渡航後の滞在先の確保、語学学校の手配などをお手伝いしております。航空券、保険のみの手続も承ります。お気軽にお問合せ下さい。

出発前、到着後、選べるサポート!

出発前サポート
申請書の書き方のアドバイス、申請に必要な書類の揃え方のご案内、保険・航空券のご案内、出発前オリエンテーション。

到着後サポート・・・11,000円
弊社ヨーロッパデスク(日本人スタッフ常駐)にて、滞在中のご相談に対応致します。緊急時の対応も致します。

上記のサポートと共に、下記の手配も致します(下記の手配だけでも承ります)。
●語学学校手配
●宿泊手配
●格安航空券手配
●留学生保険手配

         

note.jpg

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 

TEL:03−6450−4081   Eメール:uk@online-ict.net

 

 

working-title3.jpg
 申請予約を済まされた方で申請書のチェック、語学学校、航空券の手配などが必要な方はご連絡下さい!   
イギリスのワーキングホリデーはユース・モビリティー・スキームと呼ばれています。このビザを取得すると、最長で2年間イギリスに滞在することができ、フルタイムの就労も可能です。 
 

申請資格および必要書類
・日本国籍を持ち、ビザの申請および受理時点で日本に居住していること
・18歳以上30歳以下(申請時に30歳であれば、渡航時に31歳になっていてもよい)
・1600ポンド(日本円で約22万円)の預貯金があること

※資金についての注意点:口座は申請者の本人名義であること。通帳の最終記帳日は申請日からさかのぼって1ヶ月以内でなければならない。

申請時に必要なものは以下の通りです。
・パスポート(原本と顔写真のページのコピー)
・申請用紙(※下記参照)
・証明用の写真(カラー、縦45mm×横35mm、6ヶ月以内に撮影したもの)
・資金証明(銀行発行の英文残高証明書、または預金通帳とその翻訳)
・申請料(130ポンド相当の日本円現金)
・オンライン予約確認表

 

※申請書類はVAF9とPBS APPENDIX7の2種類あります。VAF9はオンラインで記入して送信します。記入は全て英語です。ビザセンターに申請に行く際に、記入したページを全てプリントアウトして持参します。PBS APPENDIX7は申請用紙をダウンロードして記入します。


詳細は申請センターのホームページをご確認ください。
 

 

・英国ビザ申請センターホームページ
http://www.vfs-uk-jp.com/japan/index.aspx


・英国政府オンラインビザ申請ページ (記入内容を途中で保存することができます)
http://www.visa4uk.fco.gov.uk/ApplyNow.aspx

・PBS APPENDIX7のダウンロード
http://www.ukvisas.gov.uk/en/howtoapply/vafs

 

申請方法
申請は予約制なので、まず申請センターのサイトで申請日の予約を取ります。2011年1月10日(月)正午12:00から予約受付開始。(受付は終了しました)
予約が取れたら、英国ビザ申請センターに申請者本人が直接出向いて申請を行います。その際に上記の必要書類を提出します。申請センターは東京と大阪にあります。

・ビザセンターの申請予約ページ
https://www.vfs.firm.in/jp-apptsystem/appscheduling/appwelcome.aspx
 

イギリスのワーキングホリデーは毎年たいへんな競争率です。ですので、予約受付開始日にすみやかに予約を行うことをおすすめいたします。 

申請書類・手順がよくわからない方、自信がない方、弊社のサポートプログラムをご利用ください。

tag-gogaku.jpg
tag-uni.jpg
tag-work1.jpg
tag-choice.jpg
無料カウンセリング
見積もり依頼
資料請求
現地情報
留学体験記
提携校一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

working.jpg